これから保育士として羽ばたかれる学生に対する定着支援、保育施設と学生との橋渡しの一環として、毎年交流会を行っています。

時間の都合で内容が変わったところもありましたが、まずは「はないきもんめ」をみんなで踊り、身体が温まったところで、保育実践を行いました♪
身の回りにある新聞紙を使い、一番長くちぎれるのは誰だ!?のあそびをしました。一番長い学生さんは3m近くになり、新聞紙のちぎりやすい方向を授業で学んだ成果を発揮されていました!

後半は3つの武器「あいさつ」「笑顔」「報・連・相」の寸劇を行いました。ラビット劇団による舞台は「にんじん保育園」での日常です。実習を経験していることもあり、身近で分かりやすかった、現場に入ったら武器を使ってみようと思った、などたくさんの感想をいただきました。

最後はセンター説明です。まだまだ「保育士をサポートしてくれる機関があることを、知らなかった」という声を聞きます。立ち止まった時に、思い出して利用してもらえるよう、具体的な相談内容等を交え、事業内容をお話しました。

みなさんが、不安を減らして仕事に向かえるように、これからもサポートしていきます。

 

実際の様子やアンケート集計結果はこちらからご覧ください☟☟☟

         

★養成校交流会の様子★
★アンケート集計結果(抜粋)★